FC2ブログ

ZEROTOPIA福岡公演1日目・2日目感想(ネタバレあり)


待ちに待った福岡公演
西川くんが福岡に来てくれるのは
2016年12月のRoute20以来約2年ぶり

そして会場はRoute20を含む過去20年間
T.M.Revolutionでライブを行ってきた
福岡サンパレス

ZEROTOPIAに関して
西川さんのファンクラブ会報のインタビューや
Twitterの投稿を見ていて
心配になっていました

西川さん、大丈夫かなぁ?

フォロワーさんの感想を見ても
あまり思わしくなく
西川さん自身も思いつめすぎて
意気消沈している感じでした

そしてその嫌な予感は的中しました

西川くんの声が響いてこない




西川くんは開演後すぐ
ソロステージがあります
TMRを思わせるヒーロー感あふれる曲なのですが

!?

いつもなら2階席にも
ぐいぐいと突き抜けてくる
西川くんの声が届いてこない


音量の話ではなくて
ポーンと飛びぬけてくるような圧が
かかってきません

覇気がないというか・・・。


演技はそこまで悪くなかったのですが
他の競演者さんが自分の持ち場で
観客を魅了する中
西川くんは大事なところで決めきれていませんでした

ライブで「俺を見ろー!!」と
雄たけびを上げたり態度に示しているのに

岸谷さん扮する「悪役」ヒューに
操られて怒りに狂うダンスを踊るみんなに
対する

”どうしたのみんな、僕はここにいるよ・・・
僕を見てよーーー!!”

のセリフが全く響いてこない

同じく、ジュンがヒューに斬られて
うぉーっ!と叫びながら立ち向かうときの
感情表現が弱く

殺陣シーンもキレがない為
迫力がなくなる

パンフレットのインタビューで
2回怒らなきゃいけないからめんどくさい
ということを言ってますが

あれだけツイッターでも
くやしさやリア充に対するイライラを
吐き出しているのに


ロマンという役柄を通すと
全然感情が伝わってこない


西川さんは役に入ろうとしたことで
自分の持ち味を完全に消してしまった

今まで血肉にしてきたことを
全てなかったことにしたかのように

主役なのに他の役者さんに埋もれてしまい
個性を失った西川くんは
ただの人


この状態でZEROTOPIAが終わったら
西川くんは絶対に後悔する


次回作のサムシングロッテンまで引きずって
ミュージカルがトラウマになるかもしれない


福岡で心根からたたき直して
大阪へ送り出さなければ!



そう思ったのでした


福岡でどうにかするというのは理由があります

勝手がわかるサンパレスなら
 西川さんが感覚を取り戻しやすい
だろう
 (声の響き方や見え方もわかる)

②福岡の人もお目当ての人を見に来るが
 作品もしっかり見て他の演者に対しても
 評価する県民性がある
 (西川くんを一人の役者として見てくれる)

③ライブと同じ会場なので普段との違いを
 観客として正確に判断でき伝えられる

(⇒会場によって聞こえ方が違うとかあるでしょ)

ということで舞台中はTwitterを見ていない
という西川さんですが



Twitterを見ろーと念じながら
公演毎に感想を送っていました

その思いが通じたのか?
感想を送った次の公演では
課題をクリアしている西川さん


頭の回転が速く運動神経も良さそうだと
思っていましたが
こんなに吞み込みが早い人だとは
思いもしませんでした


あまりに呑み込みが早かったので
もう少し早くやればよかったのに
と思わず突っ込んでしまいました

だってもう2か月以上過ぎてて
終わりから数えたほうが早いですし


3公演になる土曜日の夜公演では
友達になったジュンが殺されて
ヒューに対して戦いを挑むセリフを言うとき
今までとは違い感情がこもっていて
岸谷さんが本気になったのを見た時

「よしっ!」

と心の中で叫び

最後の殺陣シーンの見応えが
かわりました


そして最後フルキャストで歌う曲の最後
西川くんはウォウウォーの部分を
独唱
して幕が下りるのですが

その時確かに西川くんの声は
ライブの時のように2階席に向けて
飛んでいました



カーテンコールの時
「西川ちゃん、ようやった!」
と叫びそうになったのを

近親者なら多少許されるけど
タカノリ―って呼ぶより悪い
と思ってすんでの所でグッとこらえました
(笑)

岸谷さんが挨拶を終えた後
いつもは口を挟まない西川くんが
「ありがとうございましたー!」
と言った

Route20の時と同じように
敬意を込めて


西川さんはサンパレスで
何かをつかんだと思われます

おそらく西川貴教とロマンをうまく
重ね合わせることができ
自然な演技をできるようになるのではないか
と思います

広島・大阪の方楽しみにしていてください!

2回目の方は最初見た時と
違うロマンを見れるのではないかな?

特に大阪は福岡と同じく
TMRのライブでなじみのある
「大阪フェスティバルホール」

フォロワーさんがライブが恋しくなったと
言っていたので

禁断症状を起こさせてしまうかもしれませんね(笑)

という事で
西川貴教のZEROTOPIAは終わりw
書き始めたらストーリ展開が似てたので(笑)



問題のダンスシーン


既に観劇された方から
西川さんのダンスがずれている
という話を聞いていました

ファンも心配していましたが
西川さんご本人も苦手と感じているダンス

最初のダンスは
柚希礼音さん演じるジュンが
岸谷五朗さん演じる悪役ヒューに
催眠術のように精神をのっとられた時語った
「エンターテイメントの夢」の時

宝塚のビジュ―をイメージされた
ポップな踊りで
柚希さんと岸谷さんがセンターで
客席から見ると左端で数人の方と
横並びで同じ踊りを踊ります

ここで問題が発生

音楽に合わせて片足ずつ上げながら
進んでいく部分がありますが
西川くんは足を上げすぎる
しかもジムの訓練をやっているかのように
瞬発的にぴっっと上がるとこまで目いっぱい
上げてしまう

身長差を気にしているのかもしれませんが
この場合背の高い人と同じ高さでなく
角度を合わせることが大事


その後AKB48の「ヘビーローテンション」の
フォーメーションのように
柚希さんを先頭に上から見ると
V字に並んでスタンドマイクを持って
コミカルに踊るのですが

西川さんは動きが大きすぎるし
妙にキレッキレで曲よりも少し動きが早い



これはいかんわ。。。


ここに関しては3公演目を見た時
音楽に合わせて
足がふわっ!と上がっていました

そして、AKB的フォーメーションで
踊るときも動きが落ち着いていて
統一感がでてました!


物語の佳境にあたる
ヒューによって
寺脇さん扮するワン以外のメンバーが
怒りの感情にさいなまれ
皆が激しく踊り狂う場面で

妙に淡々と規則正しく踊って
一人だけ浮いてる西川くん

ワンさんのおかげで
我に返った時
「今迄にない感情が沸き上がってきて
怖ったー」とセリフを言っていた事を
考えると

西川くん扮するロマンもヒューに
感情を乗っ取られていたわけで
あの踊りはおかしい

なんなんだ、これは。。。

1日目では見いだせなかった答えが
翌日3公演目を見た時にわかりました

西川さんが
実際に声を出していたわけでは
ありません、が

「1・2・3・4...」

と心の声がお告げのように聞こえてきました

えっ?

・・・西川さん、ちょっと待ったーー!
wwwwwwwwwwwwwwwwww


レッスンの時に
フリを覚えるためとかに
カウントしながら手足を動かしていくじゃないですか?
あの状態でした(笑)

西川さんこの踊りは苦手なんですかね?

・・・苦手なら体が勝手に動くほどに
練習しよっか^^;

と思ったのでした


※個人的な感想であります



徹底的に河童にこだわる


西川くんは、スーパーサイヤ人から
カッパに変わる為
漂流された人達の中では最後に登場

サンディーちゃん(この日は宮澤さん)が
「か、河童がいる~!!!」
といった時、私


ま、マジでカッパの設定になったの(笑)


と笑いながらも登場のタイミングが
わかりやすくて助かりました

アトラスこと新田真剣佑さんが
様子を見てくると言って奥に行くと
奥から西川くん(ロマン)が出てきて
かなりの至近距離で見つめあいます
その時「チャポン」という効果音付きで

「間違いなく、河童でありました」


と戻ってきてみんなに報告するアトラス

西川くんが後ろを向くと
カッパの甲羅がついていて

メンバーからカッパ疑惑について
徹底的に突っ込まれます

清く正しく美しく愛に歳の差なんて関係ないわ
と書いて「清子さん」が
(→美しい入ってませんよね?と突っ込まれる
  漬け物石からのぬかづけが超面白かった)
「お新香で一番好きなのは?」

「きゅうり」

そしてボンゴコンガから
お父さんの口の中に入っていたという
宝物の皿を頭に載せられたリ

パンフレットに衣装制作の話が
出ていたのですが
山本寛斎事務所のスタッフの方に
岸谷さんはカッパのイメージでって
伝えたそうです(笑)

かなり本気

西川さん演じるロマンの心のは
お前が見ると腐ると言われて
いじめられた事

その為人の目をみれず
どもって喋る役柄でした


西川くん、脱ぐ その時の反応


ボンゴコンガが
何かにとりつかれている気がすると
行水する場面で

僕もやります!

といって半裸に
マッスルポーズをしていました

1日目の二階席の時は
拍手が起こっていて

「ここっ?」

て感じでしたが

2日目、一階席の時は

脱いだ瞬間にどよめき
それと同時に笑い声が聞こえ
(→これは絶対西川ファン)
最後に拍手wwwww

バレンティーナさんと鉢合わせしたとき
胸を手で隠したり
アトラスから特殊部隊にいただろうと
テロリスト扱いされたりと
舞台上でも筋肉についていじられていました

そして、いじめられて強くなりたいと
思ったから体を鍛えたと
言う設定に
西川くんの筋肉はそういう使い方もできるのか
と笑いをかみ殺していました

西川ちゃんは半裸で歌を歌い切りました

私は、ちょっと太った?と思ったのですが
他の人が鍛えられなくてやせたみたい
といっていました。

私あまり西川さんの体に関して
詳しくないので^^;


ジュンとのセッションがすごく良かった


西川くんの良かったところもあるので
ここで書きたいと思います

ジュン(柚希さん)とロマン(西川さん)が
友達になる場面

ジュンは意識不明の恋人の病室で
恋人の友達と恋に落ち
意識を取り戻した恋人から恨まれ
その友達もジュンから振られ自殺し
自殺した友達の弟がアトラス(真剣佑)
ということで

自分が犯した罪の大きさに
泣いているジュンに話しかける時
メロディーがついているのすが

「あなたは~ジュン?」

と優しく語るように歌う西川くんは
すごく良かったです


柚希さんとは仲が良く
気心が知れているからかなぁと思いました






その後二人で歌うのですが
いい感じで力を抜いた歌い方で
ハーモニーもいいし
西川くんも気持ちよく歌っています

このシーンは今のままで最後まで
やってほしいなと思います


初めて見た地球ゴージャスの面白さ・ZEROTOPIAのストーリー感想



西川くんのご縁で初めての地球ゴージャス
ZEROTOPIAはある目的で意図的に
漂流させられた6人の過去の深い傷を

岸谷さん扮するヒューによって
蘇られられ

傷(トラウマ)から憎悪そして怒りへ
感情を育て

怒りの感情を抽出し原子爆弾を作ると
いうのを阻止するというお話に
なっています

怒りを抽出されると
感情がなくなってしまいます

過去の傷の内容は
ロマンのいじめのように
ある程度現実世界に即した話になっていて

第一幕で
ジュン・バレンティーナ・サンディーの過去が
暴かれます

ジュン(柚希さん)は意識不明の恋人の前で
恋人の友達エコー(水田さん2役)と関係を持ち
意識を取り戻した恋人が
「お前たちを許さない」と言い残し絶命します

そして、呵責に苛まれたジュンは
エコーまでも振り
自殺させてしまいます

その弟が漂流したことで遭遇した
真剣佑さん扮するアトラス
恨みで殺そうとするのですが
結局アトラスもジュンに惚れてしまい
かなり罪深き女やなーと思いながら
見ていました(笑)

バレンティーナさんは内紛で
死んでいった子供たちを
助けてあげられなったという設定

その時のダンスがすごくて
曲が激しくなるにつれて
激しくなるダンス

3回見ても大好きな所です

そして、サンディーちゃんがつらかった
「近親相姦」
曲に合わせて動きが進んでいくのですが
途中でわかってしまい

「やめてよ、パパ」っていわれたときにゃあもう
(T T)

パパ殺しちゃうんですけどね


西川くん扮するロマンは
この3人の過去に寄り添うように
「君も地獄見たんだねー」と
歌い始めます

3人は途中声を震わせながら
歌うのがすごいなぁと思いました

西川くんと一緒に歌うフレーズも
あるのですが
声質はあっているようで聞きやすかったです

欲を言うなら
皆さん過去のトラウマが違うので
西川くんが一辺倒に歌うのではなくて
歌い方をそれぞれに変えたほうが
もっと良くなるのではないか?と思いました

そして、サンディーちゃんの過去で
胸が引き裂かれる思いを抱えたまま
なんと第一幕が終わってしまうのです(・・)!

くらーい気持ちを抱えたまま
他にもメンバーがいるので
凄いこと聞かされるのかとびくびくしていたら

岸谷さんと寺脇さんの
ショートコントとも思えるお芝居が始まりました

岸谷さん扮するヒューが
寺脇さん扮するワンを操ろうとするが
効かないという内容で

寺脇さん扮するワンが
武術をするシーンで

「見えてんのか?」
「見えてないのか?」

とアドリブもいれて笑わせます

が、3公演目
寺脇さんことワンがヒューのチョップを
両手で挟んで止めた時

「変な虫が・・・」

というところを

「蜂が・・・・」

と言ってしまいその後のつなげなくなった時

岸谷さんが楽屋トークぐらいに
おいおいおいおいみたいなことを
言い始め

それでも寺脇さんが
言葉を返さずにいると
いきなり頬を張り手しました(笑)

ZEROTOPIAはテーマが重く
泣いた方もいるということで
ハンカチとティッシュを膝元に
置いていたのですが

まさか笑いすぎて涙がでて
それを拭くことになるとは
思いもしませんでした(笑)

徹底的に一つの物事に突っ込みをいれて
笑いを取る

アメリカンジョークの日本版という
印象をうけたので
癖になる人はなると思います

そういえば、岸谷さんも寺脇さんも
テレビで良く見ている人ですが
歌声を聞いたのは初めてで新鮮でした
岸谷さんが踊っている所も

所見の私でも違和感がある場所がありましたが
先に見た人の話によると
ほぼアドリブだったそうで
こんなに楽しい舞台だったとはと驚いていました

あまりに脱線しすぎて
シリアスな本編に戻るとき
「さて、、、」と岸谷さんが言った時は
笑いましたよねー

ここぞと言うときにはびしっと決めて
観客の反応をみて
「もうお分かりかと思いますが・・・」
といって話を進めていく

後ろの人では表情が見えないので
表情も伝えながら突っ込みを入れる

舞台のプロなんだなぁと思いました


福岡の人が西川さんを見た時の反応


東京公演ではラジオの競演者も
驚く程歌唱力について褒められていたそうなのですが



福岡では
西川さんが小柄なので
そっちに関心が向けられていました

しまいには
「ちえちゃんが大きいから西川さんが小さい」

と柚希さんまで巻き込まれる始末(笑)
(※ちえちゃんは柚希さんの愛称です)

西川さんは背もですけど
横も細いので(華奢?)
余計に小さく見えるんですよね

出演者の方が全体的に背が高めだったので
マダムな方だったので
その後フォローされたり中途半端な気遣いが
柚希さんを巻き込む結果になったのだと思います


演劇に慣れ親しんでいる方でも
ZEROTOPIAは一度見ただけでは
内容がわからないといっていたので

(ジュンさんの過去の部分が細切れで
出てくるのでわかりづらかったようです)
可能な方は2度見たほうがいいと思います


カーテンコール




他公演では4回とか普通にあってたようですが
福岡はあっさりしていて2回です
私は別に4回もやってどうすんの?と思うのですが
やっぱ少ないのかなと気になりますw

1度目の全員挨拶は座って拍手
その後終了アナウンスが流れたので
帰る人もいたわけですが8割方は
それは想定内なのか今度は立ち上がって
拍手しながら幕が上がるのを待ち
岸谷さんの挨拶を聞いて帰るという流れでした

岸谷さんは「大阪の千秋楽に向けて日々精進
切磋琢磨したいと思います
お忙しい中お時間をいただきありがとうございます」
ということを述べ
2日目の夜公演では
「演劇の可能性と希望を持つことができました」
と述べました


最後に


ZEROTOPIA面白かったです
回を重ねるごとに面白くなって
3時間ありましたが時が進むのが早かったです

ライブと違ってトイレ待ちが長くて困ったり
初めて昼・夜2回公演を経験したり
普段はご縁がない15列より前の席に行けて
ステージとの距離感が新鮮でした

何よりこんなに長い間
福岡にいてくれたことが初めて

今度はいつ来てくれるのか
わからないけれど
待ってます!

追っかけには行きますが
やっぱり地元が最高ですもん♪


▼他の地域でのツイートが硬かっただけに
ちょっとテンションが上がってて嬉しかった
水炊き食べれるもんね♪




西川くんは東京の撮影用の
舞台よりもメイクが薄く
歌うときもほぼほぼ半分しか目が開いて
いませんでした





植原卓也さんバースデーのお花が福岡公演に花を添える


有名人や業界人のお花が多い東京に比べ
地方公演はお花が少ない
そんななか入場口に入った後出迎えてくれたのは
公演期間中の6/22に30歳のお誕生日を迎えた
マカスター役の植原卓也さんのファンの方のお花



遠くは上海から凄いですね
開演前からめっちゃテンションが上がりました♪
植原さんのファンの皆さまありがとうございました




忘れちゃいけない消臭力
ということで本来ならすぐ見つけられるはずの
消臭力チームの花を見つけるのにてこずりましたが
2日目に発見、写真に収めました

ライブだけでなく、ミュージカルにも
各公演お花を届けてくださってありがとうございます
消臭力チームのお花はどの会場も
凄くいいんだよねー


高い花だといってたので、テレ西も撮ってみる
主催者の大和ハウスさんの花ももちろんありましたが
通りすがりに演劇ファンの人が
「〇〇(→名前忘れた)は(値段が)高い」と言っていたので
壺タイプも珍しかったので撮影してみました



写真ではわかりづらいですが結構大きかったです
福岡公演の協賛をしている
フジテレビ系の放送局テレビ西日本(略してテレ西)
のお花です

キャンペーンでは寺脇さん、岸谷さんが
朝と夕方の情報番組「ももち浜ストア」に出演し
西川くんの風ネタを使い
サンパレスの裏で風に吹かれますとか
言っていたらしいです(笑)

※博多港が裏にあり海風が吹くことから


▼パンフレットめっちゃよかったです
これで2000円なんて安すぎます





関連記事

0 Comments

Post a comment